治療後も自然で美しい歯に整えます セラミック治療

銀歯、気になりませんか?

むし歯の詰め物やかぶせ物は、保険診療だといわゆる銀歯となります。銀歯は耐久性が高いのですが、笑った時に目立つので、やはり気にされる方が多いようです。

また、金属の詰め物や被せ物をしていると、長い時間をかけて少しずつ金属が溶けだします。その金属イオンが体内に蓄積され、金属アレルギーなど将来的にさまざまな不調を引き起こすことが、昨今問題視されています。

そこで当院では、自由診療にはなりますが、セラミックをおすすめしています。身体への親和性が高く、金属を使わない「メタルフリー」なので、金属アレルギーの心配もありません。

自然な白い歯なら、やはりセラミック

保険診療で白い「レジン(プラスチック)」を使った治療も可能ですが、時間が経つにつれて変色・変質しやすい点が挙げられます。これは、陶器の食器とプラスチックの食器に例えると、わかりやすいかもしれません。陶器の食器は半永久的に使えますが、プラスチックの食器は色がくすんで、もろくなっていきます。

陶器でできたセラミック等の素材ならば、天然歯のような半透明性や明度がありますので、とくに目立つ前歯などにはおすすめです。
また、表面がツルツルしているので歯垢がつきにくく、むし歯にもなりにくいといったメリットもあります。

技工士が何度も調整します

当院では、単に見た目を美しく整えるだけではなく、しっかり噛めるように、かみ合わせも重視しています。かみ合わせをひとつひとつ丁寧に調整して、全体を立て直すことも行っていますので、かみ合わせの違和感や、銀歯などの詰め物・かぶせ物、歯の隙間などが気になる方はお気軽にご相談ください。

当院では技工士が患者さんの歯の型取りや色合わせに同席しますので、より精度の高い技工物を作ることができます。色調などもご満足いただけるまで何度でも調整可能ですので、安心してご希望をお聞かせください。